So-net無料ブログ作成

あたらしい家具たち Kartell Stone [玄関]

あたらしい家具たち Kartell Stone

玄関で靴をぬぎはきする際に利用するスツールを探していた。

間取り上玄関ドアをあけた真正面に置くことになるため我が家の第一フォーガルポイントともなる。
当初はマッキントッシュのヒルハウスを考えていたのだが実際新居を見てみるとヒルハウスでは少々重たく感じる。
色々と探していたのだがやっと購入を決めた。

Kartell Stoneだ。

クリアとブラックで悩んだのだが室内廊下側から見た際、光を通すクリアのほうが美しく映えるのではないかと考えクリアを選択。

Kartell社のかわいい箱で到着。

20100910203607.jpg

梱包材もいちいちかわいい。

20100910203721.jpg

早速自分たちで施したエコカラット壁の前に設置。

20100923124937.jpg

さすがマルセル・ワンダース、コンパクトだが存在感がしっかりある。

20100923124859.jpg

壁にはめこんだミラーに反射した光が屈折し、キラキラととても美しい。

20100910204044.jpg

またポリカーボネート製で軽量のため掃除のじゃまにもならない(とは妻のコメント)

うーん自己満足。

とても気にいったので色違いのブラックをキッチンの高いところにちょっと利用するステッパーとして購入したいと妻。

片足をかけ果敢にも登ろうとするのであわてて止めた。

中が空洞だから光を透すんだし、ポリカーボネート製だから軽量なのであってそれに乗るのは無理であると説得する。

あとで見てみたらちゃんと説明書?みたいなものに脚立として利用するのはいけないと書いてありました。

確かにあのデザインでステッパーにもなったらいいけどと言う私に、デザインもいいんだけどあの素材ならキッチンにおいて万が一油はねをしても丸洗いできるのではないかと思ってと妻。

マルセル・ワンダースが聞いたら泣いちゃうだろうなあ。



nice!(1) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。